第15期(2022/10/1~)キャリアモデル開発メンバーを募集!

こんにちは、柴田です。
キャリアモデル開発 第15期の募集を開始します。
これまで60名以上の方がキャリアモデル開発を行い、
コミュニティメンバーも40名前後で活動しています。(2022年8月1日時点)

最近は複業、副業、パラレルキャリアといった言葉が当たり前に使われるようになり、
実際に本業以外の活動をされている方も増えている実感があります。
また仕事以外にも子育てや地域の活動、ボランティアなど
会社員と余暇という生き方だけでなく、多様な選択肢を並行する人も増えてきました。
しかし、
活動の幅が広がるほど、選択肢が多くなるほど、
「自分は何を選ぶのか」「自分は本当はどうありたいのか」
という問いを突きつけられることになると思います。
そして「自分自身」というのはあらゆる活動の源泉であると同時に客観視が難しいものでもあります。

キャリアモデル開発では自分自身を振り返ることで、自分らしさ・自分のあり方(being)を発見しながら
自らに合った働き方を探したり、オリジナルの仕事を生み出す「仕事」に関するキャリア構築はもちろん、
「子育て」「介護」「家庭」「地域活動」「学び」
「PTA」「ボランティア」「趣味」「旅」「暮らし」といった
人生の中での様々な大切な役割やチャレンジを「キャリア」ととらえ
それらの役割の、あなたにとっての意味を見出し、組み立てていくことをお手伝いいたします。

A子氏のキャリアモデル図(掲載用に柴田作成)

最終的にあなたのオリジナルのキャリアモデルを作成することはもちろんですが、
自己探求する過程で見えてくる、「私らしさ・私らしいあり方=being」を大切にします
自分にとっては当たり前のことが、実は他にはない自分らしさだったことに気づく人が多いです。
自分のbeing・あり方に気づいた人は、自然と自らの原動力で動き出して行きます。

・自分自身を見直す時間が取れていない
・今の仕事にモヤモヤしている
・今後の自分のキャリアについて考えたい
・複業・パラレルキャリアでやることが増えすぎている
・大切にすることを明確にして、注力することを定めたい
・「新しい仕事」を考えてみたい・生み出したい
・就職活動に臨むにあたり、自分が何を大切にしているのかわからない
・子育てや介護と仕事のバランスに悩んでいる、もっと安定した生活にしたい
・退職まで残り数年だが、その後何をしているのか見えず不安だ

違和感や疑問を感じた時が、考える絶好のタイミングです。
実際にキャリアモデル開発をされた方の記事はこちら。

小玉純一さん(じゅんじゅんさん)キャリアモデル開発インタビュー
横道弘志さん キャリアモデル紹介

実際に取り組まれる方によって、得られる体験、できるキャリアモデルは異なりますが
キャリアモデル開発がどのようなものか、どんな変化があるか、参考にしていただければとおもいます。
ちなみにキャリアモデル開発には年齢性別、職業や立場は関係ありません
よく「何歳ぐらいが対象ですか?」と聞かれますが、すべての方が対象です。
実際にこれまで、キャリアや自分自身の生き方に真剣に向き合う20-60代と幅広い年代の、大学生、企業やNPOで働かれる方、公務員、職人、士業、経営者/起業家、フリーランス、アスリート、地域おこし協力隊、転職活動中の方など多様な方々がキャリアモデルを作成されています。
また、最近はオンライン面談も増えており、対面/オンライン双方での面談に対応しています。
宮城・東北からはもちろん、関東圏や海外からご参加いただく方もいらっしゃいます。

毎月コミュニティメンバーでオンライン上で集まっています!

キャリアモデル開発をされる方はキャリアに興味を持っている方が集まるオンライン中心の「キャリアモデルコミュニティ」にも入ることができます。
オンラインイベントやFacebookグループ上でのやりとりがされており、
具体的にはオンライン飲み会や研究会、勉強会が開催されています。
キャリアモデルコミュニティ×東北プロボのコミュニティ合同イベント『Kadai Dialogue』レポート
さらにコミュニティを中心としたイベント『らしさフェス』をみんなで作っています。
こうしたイベントづくりもメンバーは誰でも参加できますので、とにかく楽しいものつくりたい!という人にもおすすめです。

サービスの概要はこちらに掲載されておりますが、
ご不明点等は、しっかり事前にご説明させていただきます。
コミュニティからのスタートも大丈夫です。
無料相談がございますので、お気軽にお問い合わせください。

最後に、実際にキャリアモデル開発をされた方々の気づきや学び、
これからキャリアモデルに取り組まれる皆様へのメッセージを掲載させていただきます。
ご参照くださいませ。

「自分の価値観やありたい姿って、子どもの頃からブレずにある部分も結構あったんだ、と気づきました。無意識にしていた事も、こうやって棚卸ししているとつながってくるんだなと。 生まれてから今までのたくさんの経験の種をじっくり思い出してみるって大切ですね。」

キャリアモデル開発者(30代・女性)

自分が何を大切に思い、どのような状態を幸せだと感じるのか整理することができた…職場と家庭で良い対話ができるようになったことも嬉しい変化です。

キャリアモデル開発者(40代・女性)

自分の強みを認知・強化され、その強みを元に行動できる自信が付いた事。 また、自分では気付いていなかった強みに気付かされ、新しいチャレンジができる自信が付いた事。 自分の行動の原動力が分る事で行動する際の後押しになる。

キャリアモデル開発者(30代・男性)

一見、何のためになるのか分からないかもしれませんが、自分のやるべきことが見つかり、人生が一気に加速します。 自分をモチベートするコツも分かるので、ぜひ、やってみてください!

キャリアモデル開発者(40代・男性)

キャリアパーツの種は誰でもが自分の中に既に持っているもの。でも自分だけでは全く気が付かない。このキャリア開発を通してその種を見つけて育てていくことができます。そしてそれを育てることが、現在の不確実な世界を生きるための大きな力になります。迷っているならぜひ受けてください。

キャリアモデル開発者(40代・女性)

自分の頭の中でグルグル考えてもなかなか答えはみつかりません。ぜひ安心できる第三者の力を借りて、整理する時間を創ってみてほしいです。答えは人が決めることではなく、自分がこれだと決めることだと思います。このセッションでは自然な形で背中を押される感覚でとても心地よい時間です。

キャリアモデル開発者(50代・女性)

▶︎キャリアモデル開発お申込はこちら
▶︎キャリアモデルコミュニティのお申込はこちら

この記事を書いた人

柴田北斗

宮城県出身・在住。東京の人材系企業勤務を経て2018年東北へUターンし個人事業開始。 2019年4月から仙台市のINTILAQ東北イノベーションセンターを拠点に「キャリアモデル開発センター仙台」を立ち上げ、1人ひとりが豊かで幸せな人生を送るお手伝いをするため、個人のキャリアモデル開発とベースキャンプとなるコミュニティ運営を行っている。
2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)/キャリアコンサルタント(国家資格)/筑波大学大学院在学中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします